新型コロナ対策について

当院では、診療器具、機器等の滅菌消毒は勿論のこと、待合、診療空間内における飛沫感染対策として、オゾン発生器、次亜塩素酸水の噴霧(診療空間のみ、腰より低位に)を行っています。

加えて、この度、感染リスク低減のための高機能喚起設備および空調機を刷新し、空調機には、チタンアパタイトフィルターとストリーマー放電によるストリーマー除菌ユニットを増設し、空調機から吐き出される空気の除菌対策を強化しました。

但し、万全な対策はなく、発熱、味覚異常など、コロナが疑われる症状を認める場合、あるいは、濃厚接触が疑われる場合には、当院受診前に、まずは、専門機関、病院にお問い合わせの上、受診の可否をご確認下さいますよう、お願い申し上げます。

長引くコロナ禍の中で、皆様、疲労感も多いことと思います。呉々も、体調管理、感染対策にご留意下さり、コロナ禍を乗り切って頂きたいと願っております。

何か、ご心配、ご不明の点、あるいは、ご要望等ございましたら、いつでもご連絡下さい。

まずは、宜しくお願い申し上げます。

 

ストリーマー技術について(リンク)

https://www.daikin-streamer.com/?ID=air_technology_our-technology_streamer

https://www.daikin.co.jp/press/2020/20200716/